今年は2月末頃から花粉の時期に入り、アレルギー症状の患者さんが増えてきました。


眼にアレルギー症状が生じると、眼やまぶたがかゆくなり、眼をこすったり、かいたりしてしまします。症状が強いと、次第に痛みが加わることもあります。また、透明な角膜の周囲が充血し、結膜にゼリー状の目やにがでてきます。

アレルギー性結膜炎を起こさないようにするには、第一にアレルギーの原因となるものを遠ざけることです。


当院では、指先からの簡単な採血で20分で結果がわかるアレルギー検査を導入しています。

アレルギー性結膜炎、花粉症(アレルギー性鼻炎)の主な原因となる8項目のアレルゲンに対する反応がわかる検査です。
全国的に希望者が多く、供給が間に合わない時期もありますが、今年も充分に準備しています。


一般的なアレルギー検査より安く、健康保険も適応されますので1割負担の方で約1,000円です。大阪市の中学生以下のお子様は、こども医療費助成制度の対象ですので、0歳から18歳(中学生以上は両親の所得制限あり)までの方は、500円(診察代込み)で受けることができます。成人はもちろん、小さなお子様にもお勧めです。

アレルギー検査をご希望の方は、医師またはスタッフへご相談ください。


アレルギー検査の詳細は、こちらのページをご覧ください。