白内障・白内障手術|大阪市鶴見区・城東区の松山眼科医院|今福鶴見駅から徒歩1分

ご予約・お問合せ
06-6930-7714
MENU

白内障・白内障手術

白内障・白内障手術について

白内障は眼の中にある水晶体が濁る病気です。水晶体はレンズの役割をしています。
白内障になると濁ったレンズを通して物を見ることになるため、視界が全体的にかすむ、視力が低下する、光をまぶしく感じる、暗い時と明るい時で見え方が違うなどの症状が出現します。

白内障とは

白内障の原因としては最も多いのが加齢によるものです。
そのため、高齢者ほど白内障が多くなります。
加齢による病状の進行は、早い場合では40歳代から始まり、加齢とともに増えていきます。
その他の原因として、全身疾患(糖尿病・アトピーなど)によるもの・紫外線・放射線・ステロイドホルモンなどの薬剤・先天性や外傷性などがあります。
また生まれつき白内障を発症していることも稀にあります。

白内障の治療として目薬や内服がありますが、目薬や内服をしても水晶体が透明に戻ることはありません。
あくまでも進行を抑えることが目的となります。
白内障が進行して日常生活に支障が出てきた場合は、手術を行うことが一般的です。
手術にはさまざまな方法がありますが、濁った水晶体を取り除き、水晶体の代わりとして「眼内レンズ」を挿入するのが基本的な流れです。

白内障手術

白内障は、長い年月をかけてゆっくりと進行するもので、一般的には白内障の診断を受けたからと言って、すぐに手術を受けなければならないというわけではありません。
ただし、あまり進行してしまうと、手術に時間がかかり、通常であれば短時間で済む一般的な方法で手術が出来なくなる場合があります。
また、白内障が進行すると水晶体の厚みが増し、そのせいで急性緑内障発作を起こしたり、その危険性が高くなる可能性があります。
恐怖心はあると思いますが、むやみに手術を先延ばしたりせずに、適切な時期に手術を受けることをおすすめいたします。
ちょっとおかしいな?と思われたら眼科をまず受診してください。

当院での白内障手術について

松山眼科医院に手術室はありませんが、当院副院長は関西医科大学附属病院に所属し、当院から徒歩10分の済生会野江病院で診療や手術を行っています。
精密検査や、入院・手術(白内障手術・緑内障手術・硝子体手術など)が必要な場合には、済生会野江病院で一貫して対応いたします。

済生会野江病院では、白内障手術(極小切開白内障手術)・緑内障手術・硝子体手術(糖尿病網膜症、網膜剥離、硝子体出血、黄斑上膜、黄斑円孔など)を、入院で行っています。

地域の基幹病院として様々な医療機器を整え、より安全に手術を行っています。
退院後は済生会野江病院へ通院の必要はなく、松山眼科医院の外来で引き続き診療を行い、術後のアフターケアをいたしますので安心です。

手術前後のスケジュール

1.松山眼科医院受診

まず松山眼科医院を受診していただきます。

2.医師による診察・診断・説明

診察を行い、眼の疾患の診断を行います。
白内障手術・緑内障手術・硝子体手術などが必要と判断した場合は、済生会野江病院の当院副院長を紹介いたします。
その際、患者さん一人ひとりの生活背景やご希望を聞いたうえで、お互いに十分納得する医療を選択いたします。
(済生会野江病院以外への紹介も可能です。)

3.済生会野江病院受診

済生会野江病院で当院副院長の診察を受けていただき、手術の説明(インフォームドコンセント)を行います。
手術に同意していただきましたら、手術の申込みを行います。

4.手術前検査と手術説明

済生会野江病院で手術前検査(採血、心電図、胸部レントゲンなど)と、手術説明会を受けていただきます。
手術当日のスケジュールや手術の内容、手術後の生活上の注意点等を説明いたします。
その際、患者さんの手術に対する質問、要望などを十分にお聞きし、納得いくまでお答えいたします。
ご家族とご一緒に説明を受けられる場合は、ご家族もこの日にご来院ください。

5.入院、手術

白内障手術の場合、手術当日に入院していただき、手術翌日もしくは2日後に退院していただきます。
白内障手術以外の場合は、病状により退院日は変わります。

6.手術後検診

手術を受けられた後は、目の状態が安定するまでの点眼加療と定期診察・検査が重要です。
退院してからは、済生会野江病院へ通院の必要はなく、松山眼科医院の外来で引き続き診療を行い、術後のアフターケアをいたします。
術後の状態により、お薬の内容が変わることもあります。決して自己判断はせず、医師の指示に従って診察・検査を受けてください。