網膜硝子体疾患|大阪市鶴見区・城東区の松山眼科医院|今福鶴見駅から徒歩1分

ご予約・お問合せ
06-6930-7714
MENU

網膜硝子体疾患

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは目の中心部である黄斑部に障害が生じ、中央のゆがみが出現する病気です。欧米では成人の失明原因の第一位で珍しくない病気です。日本でも、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しています。発症のリスクとしては加齢ですが、その他に喫煙や紫外線なども関係しているといわれています。

加齢黄斑変性の治療

主な症状

  • ものがゆがんで見える
  • 視野の中心が暗くなる、欠ける
  • 視力が低下する

加齢黄斑変性は、ものを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気です。欧米における成人の失明原因の第1位が加齢黄斑変性で、日本でも高齢化社会に伴って患者さんが増加しています。放置すると失明に至ってしまうこともあります。
加齢黄斑変性の治療は、硝子体内に薬剤を注射する抗VEGF療法という方法が一般的です。早期に発見、治療することで治療後の見えない部分を最小限に抑えることができ、視界にほとんど影響がなくてすみます。しかし、抗VEGF療法は病気を治す治療ではなく、進行を抑制する加療のため、病状によっては2~3カ月おきに複数回の注射が必要となることがあります。
また加齢黄斑変性の進行抑制の成分として、ルテインが注目されております。ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていますが、医薬品会社が販売しているサプリメントもあります。
ゆがみや中心部が見えづらいと感じたら、早期の受診をお勧めします。

網膜剥離

主な症状

  • 視野の一部が見えにくい
  • 虫が飛んでいるように見える
  • 視力が低下する

網膜剥離は、眼球内側の網膜という膜が剥がれ視力が低下する病気です。網膜の剥がれは痛みを伴わないため気付きにくいのですが、前兆として飛蚊症があらわれることがあります。また、網膜の中心部である黄斑部分まで剥がれた場合、急激に視力が低下し、失明に至る恐れもあります。早期に発見し、手術など適切な処置を行うことが必要です。

硝子体手術

硝子体とは、元来眼球の内腔をうめる透明なゼリー状の組織です。
この組織は病気が起こると病気の進行に大きく関与していくことが究明されてきました。
硝子体手術の目的は、混濁した硝子体や増殖した網膜硝子体の組織、あるいは貯留した血液や病原菌を除去することにあります。
手術によって、光軸部の混濁を除去し透明にすること、硝子体を切除し疾患が進行する場を除くこと、網膜への牽引を除去することなどで、疾患に応じた目的・効果があります。

硝子体手術が必要な目の病気

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つです。網膜には細かい血管が密集しています。そのため、高血糖状態が続くと眼内の血管が徐々に詰まって、網膜に栄養や酸素が届かなくなります。そのような状態になると、網膜に新しい血管(新生血管)が生まれ、酸素不足などを補おうとします。
しかし、この新生血管はもろくかつ、硝子体出血しやすく、悪化すると増殖膜を形成します。その結果牽引性網膜剥離を起こし、失明の原因にもなります。糖尿病網膜症は、糖尿病になってから数年から10年以上経過して発症するといわれていますが、患者さんの中にはかなり進行するまで自覚症状がない場合があり、まだ見えるから大丈夫という自己判断は危険です。糖尿病と診断された方は、目の症状がなくても定期的に眼底検査を受けるようにしてください。

黄斑疾患

黄斑疾患とは、黄斑部という網膜の中心部に異常をきたす疾患です。
黄斑部には、文字や色を識別するほとんどの細胞があり、網膜の中でも視機能が最も鋭敏なところです。

網膜剥離

穴や裂目ができて網膜(眼球の内張りでカメラのフィルムに相当する部位)がはがれてしまうことでみにくくなる病気で、急いで手術が必要になります。
手術では眼内にガスを入れるため、手術のあとに姿勢の保持が必要になります。