緑内障|大阪市鶴見区・城東区の松山眼科医院|今福鶴見駅から徒歩1分

ご予約・お問合せ
06-6930-7714
MENU

緑内障

緑内障について

緑内障は、眼圧が高くなることで眼の奥にある視神経(物をるための特別な神経)が傷つき、視野が欠けていく病気です。

現在、病気による失明(中途失明)の原因は緑内障が第1位といわれており、全体の約4分の1を占めています。
有病率は年齢と共に増加していき、調査では40歳以上の成人の約5%、20人に1人が緑内障にかかっているということがわかりました。

緑内障は失明原因第一位

緑内障は視野が狭くなるペースがとてもゆっくりであるため、初期の段階では、病気に気がつく人はほとんどいません。
両目はお互い補い合う性質があるため、かなり病気が進行しているのに症状に気が付かないことも多く、知らないうちに視野が欠け日常生活に支障をきたします。

これほどありふれている病気にもかかわらず、治療を受けている人がわずか1割程度で、残り9割の人は緑内障が未発見のまま放置されているのが現状です。
緑内障は、放置すると進行していく病気です。
一度失われてしまった視野は、残念ながら元に戻りません。
そのため、健康診断や目の検診などの定期的な検査が大変重要です。
40歳を過ぎたら一年に一度は眼科を受診しましょう。

緑内障は早期に発見すれば、治療によって進行を遅らせることができます。
昔のように、緑内障は必ず失明するという考えは古くなっていますので、過度に心配されることはありません。
ただ、かなり進行した場合には治療が後手にまわり進行を免れられない場合もあるため、早期発見と治療を継続することが大切です。

緑内障の原因

緑内障の確実な原因はわかっていません。
高齢になるほど患者数が増えることから、加齢が危険因子の1つであると考えられています。

どうして緑内障になる人とならない人がいるのか、また緑内障がどのように発症するのか、について詳しいことはまだわかっていません。
緑内障は目の硬さである「眼圧」の高い人に起こりやすい病気であることが知られています。
眼圧とは、「目の中の圧力」で「目の硬さ」のことをいいます。
眼圧が高い状態が続くと、目の奥についている視神経が障害され緑内障となります。眼圧は10~20mmHgが正常範囲とされていますので、20mmHgを大きく超えるような眼圧が続くと、視神経が障害される可能性が高くなります。

アメリカの眼科学会(American Academy of Ophthalmology)によると、アメリカの緑内障患者は約270万人であり、うち緑内障と認識しているのはわずか半数にとどまるとのことです。
その一方で緑内障の罹患率は上昇しており、2050年までに630万人のアメリカ人が緑内障を発症すると予測されています。
早期診断と治療により視力保持は可能ですが、緑内障の初期症状は自覚しにくいため、緑内障のリスク因子を一般に周知させることが不可欠と説明しています。

  • 遺伝(両親や兄弟に緑内障の方がいる)
  • 加齢(高齢の方)
  • アフリカ系、ヒスパニック系またはアジア系(日本人にも多い)
  • 近視
  • 糖尿病

アメリカ眼科学会では、緑内障のリスク因子として上記の項目を挙げています。

緑内障の治療

一度障害を受けた視神経は元には戻らないため、緑内障を完治させることはできません。
したがって、緑内障の治療は、視神経がダメージを受けてこれ以上視野が狭くならないように、眼圧を下げることが基本となります。
より早期に発見して治療を始め、常に眼圧を低く保つことが緑内障による失明を防ぐ決め手となりますので、緑内障において一番重要なことは眼圧のコントロールです。
特に日本人の場合、眼圧は正常範囲でもかかわらず、緑内障を発症する人が多いことがわかっています。
そのため、緑内障の治療としては、まず眼圧を一定の値に安定させることが大切です。
眼圧を目標値に安定させることで緑内障の進行を遅らせる効果があります。初期~中期までであれば目薬だけで眼圧をコントロールできることが多いです。
しかし点眼で眼圧コントロールが不良な場合では、手術的加療をする必要があります。

点眼薬による治療

緑内障の治療は、眼圧を下げることです。
眼圧を下げるために、まずは点眼薬を使います。
毎日きちんと点眼して眼圧を下げることによって、視神経の負担を減らし進行を止めたり、緩やかにすることができます。
眼圧の高い緑内障でも、眼圧の正常な緑内障でも点眼薬の効果が認められています。
「眼圧を下げる」ことが「視野を守る」ことになります。
治療前に設定された目標眼圧が達成できた人は、視野がある程度、維持されています。
治療前に設定された目標眼圧が達成できなかった人は視野がかけていく障害が進んでいきます。

レーザーによる治療

緑内障のレーザー治療にはレーザー虹彩切開術、選択的レーザー線維柱帯形成術などがあります。
レーザーの効果や維持できる期間は個人差があり、効果が弱まってきた場合は再度レーザーすることもあります。

手術による治療

眼圧下降には、最も効果が高い方法です。
手術後眼圧が安定するまで、眼球マッサージやレーザーによる縫合糸切断などのメインテナンスが必要です。